ライダーカード集め方講座!!

画像
画像
  • トップ >
  • ライダーカード集め方講座!!

ライダーカード集め方講座!!

2018.11.17 その5

今回はライダーカードで魅力的な異種の宝庫でもあるNo.106~128についてです。
簡単に言えばNo.106~124までの新ゴシック(ゴシック版で裏面右上に「新カード」と表記)19枚と、No.106~128までの新明朝(明朝版で裏面右上に「新カード」表記)23枚を集めれば完成です。

  

それぞれノーマルカード(記号版)と比較するとたくさんの違いが見つかります。
ひと昔前は、新明朝は大変高価でしたが、現在ではコンディションに拘らなければ安価で集めることが出来ます。(但し、No.108、118、128のジャガーマンはちょっと苦労します。)

  

546種類の番号が揃ったコレクターには、次のステージのキモでもありますので、是非、チャレンジしてください。
前回と同様に写真面でのノーマルカードとの違いをゆるーく下記します。

  

 

No. 絵柄 新ゴシック 新明朝
107 ザンジオ 大きい 大きい
108 ジャガーマン 大きい 大きい
109 ギリーラ 背景が白い 少し大きい
110 ミミズ男 大きい 大きい
111 カブトロング 少し中央寄り 中央
112 イソギンチャック 大きい 大きい
115 ベアコンガー 逆向きで大きい、赤色の部分は着色 大きい
116 ドクモンド 大きい 大きい
117 ライダーとミミズ男 大きい さらに大きい
119 仮面ライダー 大きい 大きい
120 仮面ライダー 大きい 大きい
121 ライダー、サイクロン号 サイクロン号の風防が見えない 少し大きい
122 ライダー、滝 タテ型、ライダーの目とマフラー着色 タテ型
123 本郷猛 大きい 少し大きい
124 本郷猛 少し大きい 少し大きい
128 ジャガーマン × タテ型

 

最後に少しマニアック情報を...No.122のゴシック、ライダーの目とマフラーが赤く塗られてますが、2種類あります。No.111のS版は「はんげげん」より「はんげん」がレアー。No.115のT版に©のエラー版と修正版2種がある。No.117のK8にライダーや海が燃えているカードがあり人気が高い。No.121の新明朝にクレジットの位置違いで2種類ある。No.113のS版にミミズが這った様な文字で修正されたカードがある。
No.116にはドクモンドの右下に黄色の色キズがありますが、N3版とTR6版の一部に修正版があります。それぞれ修正の仕方が異なり、またTR6の修正版は129のTR6「All本郷」と同じグループです。

 

 

 

  

 

2018.11.10 その4

これからNo.1~546のコンプリートを目指す方に同時に集めていただきたいのがバリエーション違い(異種)です。
ライダーカードにはたくさんの異種がありますが、ここでは単純に入手が容易で、見比べると楽しい写真の異種をご紹介します。
是非、チャレンジしてみてください。

 

No. 絵柄 比較のポイント
7 ライダー、サラセニアン 大小
13 サボテグロン バックの山の輪郭違い
18 ドクガンダー 蛍光色のドクガンダー
21 キノコモルグ 大小、色違い
23 ムカデラス 色違い
26 ザンブロンゾ 中央と左寄り、色違い
27 アリガバリ 中央と左寄り、色違い
色違いは右下にライダーと子供達
29 アルマジロング バックの山の輪郭違い
34 エイキング 大小、色違い
35 ライダー 大小
38 ライダー 大小、胸が蛍光色
39 ライダー 大小、色違い
43 ライダー 大小、池の色が特に違う
47 サイクロン バックの山の輪郭が違う、色違い
49 サイクロン 蛍光色のライダーとサイクロン
51 ライダー、アリキメデス バックの山と空の色が逆転している
63 ライダー 池のフチの処理が違う
84 ライダー、ゲバコンドル 大小、色違い
85 ライダー、ゲバコンドル 大小
88 ライダー、イソギンチャック 電線の色が違う
95 ライダー、カメストーン 大小、空の色が白と青
103 ライダー、滝 ライダーの目が赤と黒

 

 

 

 

2018.11.3 その3

今回は旧カードの「明朝」です。
明朝の基本的な4種類を簡単に説明します。

 

まずは最近人気の高い紙悪(かみわる)タイプ。
ザラ紙を使用しているので区別が付きやすく、また酸化しやすいので、白くキレイなカードは存在しない(北海道でも出ない)。
ある理由で1番のくも男にはこのタイプが多い。

 

紙悪タイプにはもう一種あり、パッと見は判別しずらいですが、少々ざらついていて、紙が硬いタイプ。
くすんだ青色が強く、写真が薄暗い印象です。
また、裏面のフチに独特の汚れが付くので、これで判別できます。

 

3番目に明朝といえばコレ!!
「表14局」「表25局」から続く、写真が自然な色合いの明朝。
空が強調された絵柄には裏面のふちに淡い水色のインクが付き、美品のカードは輪をかけて美しい大人気カード。

 

  

最後は新明朝タイプ
No.106~128の新明朝が発行された時、再版分として同時に刷られたもので、特徴は裏面の文字のインクが茶褐色で、写真は赤色が強く、大変美しい色合いです。(昔のカードやブロマイドのコレクターは赤色が強いもの程好まれる。)

 

以上で明朝の基本4種を説明しましたが、それぞれに中間的なカードもたくさんあるので、気に入った絵柄で大量に(100枚以上)集めて並べてみると、かなり面白いです。新発見があるかも?

 

明朝ついでにマニア情報を、、、紙悪タイプの35番と73番は今のところラッキーカードしか発見出来ていません。もしノーマルカードであれば超レアーカードです。
次回はまたビギナーの人にとって気になる情報をお届けします。

 

 

 

 

2018.10.27 その2

単に思いつきで始めたこのコーナー。
期待通り、連載2回目にして危機が発生!
カードの説明は、文章だけではわかり辛いので、写真が必要なんですが、肝心の物はさっさと売り払ってしまった為、手元に資料がありません!!さあ、いかがいたしましょう…。
もうどうしようもないので「ゆるい説明&ハードな情報」をモットーにおつき合いください。

 

今回はコレクターの大好きな旧カード(No.1~105)についてです。
ビギナーの人がドンドン集めてアルバムやファイルに収納していくと、なんか見栄えが悪い事に気が付きます。
それは横の絵柄のカードがタイプ別によって天地が逆になるためです。

 

旧カードのタイプ別とは、「表14局」「表25局」「明朝(『みんちょう』と読みます)」「ゴシック」「記号版」の5タイプが基本となります。旧カードの中ではもっとも数の多いゴシックのみ天が左になり、その他は天が右になります。
なのでゴシックばかりで番号をうめるとコレクションがビシッときまります。

 

さて、そもそも「表14局」とか「明朝」とかいったい何ですか?とのご質問も多いので、簡単に…。
「表14局」「表25局」とはカードの表面下に、14、25、の表示があります。
「明朝」「ゴシック」は裏面下のクレジットの書体の事で、本文と同じ書体が「明朝」、角ばった文字が「ゴシック」です。
「記号版」は裏面右下にアルファベットがあるカードを指します。

 

  

さあ、ビギナーの人はかんばってください。
ハードコレクターの方には退屈な話でしょうから、次回は旧カードの少し深い話をします。

 

 

 

 

2018.10.20 その1

最近になって懐かしいカードを集め始める人が急増しました。
電話でも様々なご相談を受け、急遽、このコーナーを作りました。

「どんな風に集めれば良いのか?」とのご質問が多く、
こちらも「人それぞれですから、あまりはまると、なんせ底無し沼の世界ですからほどほどにするか、止めた方が良いですよ。」と否定的な答弁を繰り返してきましたが、もう止めます!!

さあ、みなさん!!ジャンジャン集めましょう!! なんせ私に至っては子供の頃、クラスの中でも下から数えた方が早いくらしいかカードを持ってなく、常に飢えていました。大人になってからダムを破壊したかのごとく、カードを買いあさりましたが、これが本当にオモシロかった!!

 

当時、1番の「くも男」は持っていましたが、500番代なんて1枚も持っていなかった!!友人からショッカー首領のカード見せびらかせられた時は目ん玉が飛び出しました。
今ならコンディションを気にしなければ、546種のコンプリートはわりと簡単に出来ます。まずそこからチャレンジです。集めるにあたって少々苦労をするのは、No.1、73、497~546くらいです。いい時代になりました。

 

来週のこのコーナーは集めている最中に「オヤ?」と思う事が必ず出てきます。
こちらで勝手に汲み取って適当にピックアップして解説します。
一例を紹介《 No.138、140には旧サイクロンと新サイクロンの2種類の絵柄が『普通』にあります。「こんなん持ってんのオレくらいやろう」と思いがちですが、単に初版と再版の違いです。記号を理解すると『当たり前』になります。》

 

  

来週と書いた事で既に公開していますが、横道に逸れ続けながら連載します。ハードコレクターの方は退屈でしょうから、最終的に「全記号の難易度表&プライスガイド」、「究極の異種!!」「カルビーの大人の事情のせいで、コレクターは面白くてしかたがない」「ほんまに、あなたはご存知か?」などなど…。企画倒れ気味に、乞うご期待!!